娘の博多弁が最高な件

August, 12, 2020

移住して1年ちょっと。標準語だった長女は、すっかり博多弁マスターに。
本日は暑い夏を吹っ飛ばす、娘の可愛い博多弁についてのただの親バカ投稿。
博多弁のお勉強ついでに覗いてもらえれば、これ幸い。

もくじ

  1. 博多弁ネイティブに囲まれる環境
  2. 「しちゃろっか?やっちゃろっか?」
  3. 「知っとうよ。最初っから知っとったし。」
  4. 「ちゃんと、かたらしてって言わんといけんとよ。」
  5. 「わ~るか~、わ~るか~、先生に言っちゃろ~。」
  6. まとめ

博多弁ネイティブに囲まれる環境

移住して1週間で迎えた保育参観でびっくりしたこと。担任の先生ずっと博多弁なんですけどー!(笑)
もちろん保育園のお友達や周囲のパパママが博多弁なのは分かっていたんですが、テキストを持って子どもたちの前で説明したり、出席を取っている時までも先生はゴリゴリの博多弁。なんてアットホームなんだ、と我々はほっこりしたものです。

「はーい、みんな今日はどげんですかー?」
「うんうん、この前パパとママと行ったとね~?」
「今日はお家の方が来とんしゃーけんねー。」

こんな素晴らしい環境下に身を置いた長女は、ほどなくして博多弁を家に持ち帰るようになったのであります。

「しちゃろっか?やっちゃろっか?」

訳:「~してあげようか?~やってあげようか?」

解説:これは大抵そっとしておいて欲しい時に発せられる言葉です。朝の一番忙しい時間、ヨーグルトを取り分けたり、ハムやたまごを焼いている時などに、「マミー大変そうやけん、〇〇がしちゃろっか?やっちゃろっか?」と踏み台を抱えた「しちゃろっか星人」は現れます。

「知っとうよ。最初っから知っとったし。」

訳:「知ってるよ。最初から知ってたし。」

解説:これは娘を喜ばせようと努力したのに、空振りに終わった時にいただくお言葉。母:「見て、お庭に蝶々さんいるよ~!」、娘(おさるのジョージ視聴中):「知っとうよ。最初っから知っとったし。」という具合です。
いつもは蝶々に嬉しそうに反応する娘ですが、ジョージ視聴中に話しかけてはいけないということなのでしょう。

「ちゃんと、かたらしてって言わんといけんとよ。」

訳:「ちゃんと仲間に入れてって言わないとだめだよ。」

解説: こちらは本当は座ってコーヒーでも飲みたいところ、サービス精神を働かせてしまった母へのお言葉。 オラオラ~と汗だくで家事を終わらせると、何やら楽し気な雰囲気で遊んでいる姉妹がいたので、それとなく参加した際に発せられました。辛辣。

「わ~るか~、わ~るか~、先生に言っちゃろ~。」

訳:「い~けないんだ、いけないんだ、先生に言ってやろう」

解説:ケチャップ大好きなダディが、毎朝の朝食でケチャップを使いすぎな件について、先生たちに報告するそうです。「マミーは、1階の先生に言ってくれん?〇〇は2階の先生に言っとくけん。」(保育園2階建て)

まとめ

最後までお付き合いいただきありがとうございました。いかに博多弁がかわいいか、知っていただけたかと思います。また機会ございましたら、よろしくお願いいたします。

このカテゴリーの新着記事

  1. October 15 21
  1. ダイソーで揃える!Switch...
  1. 先月、ついに我が家にもやって来たSwitch!わたしはゲーム知識ゼロなので購入のあれこれはダディに任…
  1. October 07 21
  1. わたしのオススメ、KINTOア...
  1. 滋賀県にある老舗企業、キントー。特に意識はしていないものの、シンプルで使いやすく、お手頃なKINTO…
  1. October 05 21
  1. おりがみで、ゆるっと始めるお片...
  1. みなさん!おりがみ収納ってどうしてますか?我が家は工作大好き長女と、プロの荒らし屋次女との間で長らく…