おうちツアー~玄関編~

August, 19, 2020

小さくてシカクい、シンプルなつくりの我が家。そんな我が家を場所別にツアーして行くシリーズ。これからお家を建てる方や、我が家のようにBESSの家を検討されている方の参考になればうれしい限り。
本日は玄関編です。

もくじ

  1. 土間少なめ、収納多めのスタイル
  2. じぶんたちのハッピーが溢れる空間
  3. お客さまと家族の動線を分ける
  4. 何でも隠せちゃう?大容量の収納スペース
  5. やり直したい!後悔ポイント
  6. まとめ

土間少なめ、収納多めのスタイル

BESSの展示場に足を運ばれた方はお気づきかと思いますが、どのタイプの家も玄関から続く土間部分がとにかく広いんです!土足の土間部分にソファーや薪ストーブが置いてあったりと割と斬新なつくりで、とても開放的。

展示場だと素敵に感じたんですが、現実の我が家は乳児&幼児コンビとの暮らし。どう考えても、何度考えても、土間でハイハイしちゃうんじゃない?土間の活用法がイマイチ分からなくない?となり、土間を狭く、その分大容量の収納スペースを設けました。むしろ、1階の収納スペースはここだけ。パントリーもなし。

下の間取り図上で「廊下」と記載されている部分も、収納スペースとして使っています。こうして改めて見ると、リビングに対して「玄関+収納スペース」大きいな。(笑)

じぶんたちのハッピーが溢れる空間

家に帰ってきた瞬間にホッとできる、そんな空間にしたくて玄関はみんなの写真で溢れています。子どもの写真はやはり圧倒的に長女のものが多い。(ごめんよ次女、これからよ、これから!)

わたし達は2人の時間が長かったので、夫婦だけの写真もかなりの枚数持ってまして。ここ玄関は、そんな写真たちにここぞとばかりに活躍してもらう場。10代の頃の写真なんて、普段は絶対に見返さないから良いチャンス。

出張の多い我が家のダディ、久しぶりに帰宅した時に「木の香り」とともに、家族が出迎えてくれる感が溢れてて幸せなんじゃないかな~。きっとそうだよね~。(勝手な想像)

わたしは悔しいことにもう何も感じなくなってしまったんですが、別の場所に1泊しただけでも、家に帰ると、「木の香り」がするらしいんです!羨ましい。。

いらっしゃるお客様も皆口々に「木の良い香りがするね~」とおっしゃいます。そう言えばわたしだって、引っ越し当時は「木の香り」に癒されていたんです!いつかまた子連れで安心して外泊できるようになれば、あの香りを感じることが出来るかな。

お客さまと家族の動線を分ける

我が家は玄関入ってお客様は右、家族は左と、動線を分けています。お客様には直接リビングへ進んでもらい、家族は細くて暗めの収納通路へ。(笑)

ちなみに、冒険に出たい盛りの次女の逃亡を阻止するため、現在はつっぱり棚で自作したベビーゲートを取り付けております。ゆえに、お客様は必然的にこのつっぱり棚をまたいでの入室。(いや、もう何か月も来客なんてないけどさ。。)

玄関から左へ行くと、間取り図でいうところの「土間収納スペース」に続きます。これは収納と呼んで良いのか?というレベルで狭い。狭いよ。しかし、ただの通路にするのはもったいないので、余すことなく活用中。

ちなみに我々夫婦はのれん的なものを見ると、「やってる?」をやらずにはいられないタイプ。(不要な情報)

何でも隠せちゃう?大容量の収納スペース

標準仕様の土間部分を少なくしてつくった、家族専用通路&収納の全貌を紹介させていただきます。まずは、間取り図上で「土間収納スペース」と表記されている部分。狭いよ~。細いよ~。ほぼ通路だよ~。

大人用のシューズラック

のれんをくぐってすぐ、左手のくぼみにつくったのは大人用のシューズラック。これは、ダディの記念すべき初めてのDIY作品。ありがとう、助かってるよ!

下の方はわたしの靴、背の高いダディの靴は上の方に。22cmのわたしの靴は1段に4足、29cmのダディの靴は1段に3足収納できます。

正直もうこの田舎生活では不要な靴ばっかだから処分しようかなーと、この写真を撮った瞬間に思いました。(笑)

ちなみに今の時期は、頻繁に使う麦わら帽子たちをのれんくぐって正面に、吊るす収納しています。この帽子ハンガーはセリアにて。ダイソーやワッツでも売ってるんですが、わたしの地域では黒とグレーの色はセリアのみでの取り扱い。

大人用、子ども用、ハット、キャップ、ニット帽などどんな帽子でもOK◎
連結できて、どんどん増やせるから大家族さんにも◎

来客用スリッパ収納

無垢材の床をこよなく愛するわたしたちは年中素足生活なので、スリッパ不要。スリッパはすべて来客用です。男性3名、女性3名までの受け入れ態勢整ってます。

ここでも活躍するのはやっぱりセリアのアイテム。このアイアンバーは家の中の至る所に登場。本当にこれが100円で良いの?と驚くくらい優秀かつ、おしゃんなアイテム。

ユニクロのスリッパが2組ずつ収納できます◎メンズサイズはギリギリ2組はいらなかったので、レディースサイズと組み合わせて収納。

傘掛け

傘立てではなく、掛けです、掛け。もうお気づきかと思いますが、もちろんセリアのアイアンバーに掛けているのであります。場所はスリッパの真下。

傘はすべて貰い物で、どちらも長いこと愛用中。雨の日に派手な傘ってテンション上がって楽しいんです。ちなみにビニール傘は、突然の雨に備えて車に常備。

コートクローク

これだけは絶対に欲しいと思っていた、コートクローク。のれんくぐって、右の奥の方に設置しています。 何せズボラなもんで、毎回2階の自分たちのクローゼットまでコートを置きに&取りに行くのは面倒で。

一般的なクローゼットポールだと、服が横並びになるので場所取りに。何度も言いますが、ここは通路兼収納なので、狭いんです。(笑)

そこで我が家では、アパレルショップなどで使われているフェイスアウトハンガーに倣った収納に。

これは完全業務用でお高いし、何よりもうちょっとカッコイイのが良いなということで、DIY用のガス管を使ったのがこちら。向かって左がわたし、右がダディコーナー。

横から見るとこんな感じで、めっちゃカッコイイ。真冬でもコート4着くらいは掛けられるので収納力も申し分なし。

 

ポールの長さやアクセサリーパーツなども選べるので、自由にアレンジ可能◎ちなみに我が家は、1人分1,000円ちょいで出来ました◎

子どものシューズラック・お支度コーナー

大人のシューズラックとは別に、子ども用は土間からフローリングにかわる境目の場所において、自分で取りやすいように。今は4歳の長女の分のみですが、今後次女の靴も増えるので、またDIYを依頼しようかと。もちろん、ダディに。

シューズラックの横には、みなさんお馴染みニトリのカラボで簡単なお支度コーナーを。上2段は、まだ自分で支度が出来ない次女用。下2段は、長女用です。
ちなみに、カーキのプラ収納はこれまたセリア!セリアとニトリのコラボ収納となっております。


 

お掃除道具・資源ごみコーナー

間取り図上で「廊下」と表記されているフローリング部分。ここはもはや廊下ではない。大容量の収納庫なのであります。フローリングを上がると真正面に現れるのは、愛してやまないお掃除グッズ。わたし、お掃除大好きです。

ちなみに、田舎過ぎてゴミ出しも車。(本当にびっくり。笑)資源ごみはまとめておいてスーパーに買い物へ行くときに回収してもらっています。

日用品ストック

正直あまり、いやかなり、料理はキライなので凝ったものは作りません。ゆえにパントリーは欲しません。その代わり大容量の日用品ストック場所が欲しかったので、食べ物以外のストックはすべてこちらに。田舎ではストックが命!ストックはいかなる時でも切らすべからず。

ここはニトリのNインボックスと、無印のポリプロピレン収納たちを駆使。


 

子ども服収納

さっきからチラ見えしていますが、子どもの服もこのスペースに収納しています。シーズンものは全部ここ。こぼした、汚した、でいちいち2階まで取りに行くのが面倒で。あと、洗濯物の片付けも非常に楽ですね。

子どもたちの服もガス管パイプに。右が長女で、左が次女。長女が急に大きくなってきたので、来年あたりにはもう少し設置場所を高くしようかと。

ちなみに、畳める服はすべて無印のポリプロピレンケースに収納。仕切りを買い足して細かく分けているので、ぐちゃぐちゃにならない◎
服はここに入る分だけと決めておくと、買いすぎ防止にもなります◎女の子の服って本当にかわいくて、ついつい買ってしまうんですよね。。

リビングに続く引き戸

さぁ、玄関ツアーも間もなく終了。引き戸を開ければ、そこはもうリビング。なんてシンプル過ぎる間取りなんでしょう。さすがシカクいお家。

やり直したい!後悔ポイント

家づくりに後悔はつきもの。もう一度、あの打ち合わせ時期に戻れるならやり直したい、そんな後悔ポイントが実は2つあるのでここで白状します。

コンセント、なぜここに作った?

お掃除道具は全部1か所にまとめようとあらかじめ決めていたにも関わらず、なぜここにしかコンセントを設けなかったのか。後悔しかありません。

見よ、このダイソンの存在感。(笑)

暗すぎ!人感センサーライトにしなさいよ

ここは家の中で唯一窓のない場所。一日に何度も行き来する場所なのに、いちいち電気をつけないと暗い。

人感センサーライトにしておけば、この会話もなかったことでしょう。

娘:「マミー!暗くて靴履けんよ!電気つけて!」
母:「あー、ごめん。ごめん。」

まとめ

お客様と家族の動線を分けた我が家の玄関。家族用のスペースには、食べ物以外の色んなものが詰め込まれています。

引き渡し時、作り付けの収納はゼロ。全部自分たちで買った、組み立てた、DIYしたものばかり。子どもがまだ小さいうちにはこれがベスト。子どもが大きくなったら、また夫婦2人に戻ったら、次はここにどんな用途を持たせようかなと、今からの楽しみでもあります。

でも一つ言えることは、電気配線の打ち合わせは真剣に、慎重に行いましょう。うちはしびれを切らした暴れん坊の長女を展示場であやしながら、「あー、はいはい。そうですね。はい、ではこれでお願いします。」という流れでしたね。

後悔したくないそこの奥さま、旦那さま!子どもが暴れてどうしようもない時は、一旦家に持ち帰り、夫婦で話し合いの場を設けることを強くお勧めします。

次回のツアーは洗面所!(予定)
では、本日はこれにて失礼致します。

このカテゴリーの新着記事

  1. October 11 21
  1. 100円じゃない!のにオススメ...
  1. ここ数年、以前にも増して止まらないダイソーの価格破壊!☆もちろん100円商品もお得だけど、ダイソーは…
  1. September 16 21
  1. 灼熱キッチンとはおさらば!簡単...
  1. 1階は超シンプル一間の我が家。間仕切りがないので、リビングにエアコン1台のみ設置ですが、今年の夏は調…
  1. September 13 21
  1. リステリンやーめた!場所を取ら...
  1. 我が家のダディはリステリン依存症。そんな彼の為に長年ストックを欠かすことなく準備しておりましたが、何…