R1は本当に効く?~3年半、毎朝子どもに飲ませたリアルレポ~

August, 07, 2020

毎年インフルエンザのシーズンに店頭で品薄になるR1。今年は特にコロナの件もあり免疫力UPのためにと、一時店頭から姿を消す事態に。
そんなR1、現在4歳の娘に3年半の間毎朝飲ませ続けたリアルレポ。

もくじ

  1. R1生活のきっかけとなった我が家の大惨事
  2. 結局、その効果はいかほど?
  3. コストはどのくらいかかるの?
  4. まとめ

R1生活のきっかけとなった我が家の大惨事

我が家がR1の宅配を始めたのは3年半前、長女が1歳を過ぎて保育園に通い始めた頃。きっかけは、家族3人全員で同時にノロウイルスに感染したこと。

1歳になったばかりの長女を初めてボールプールが併設された楽しいカフェに連れて行ったんですが、それはもうはしゃぐはしゃぐ~!嬉しそうな我が子を見てこちらまでハッピー。(楽しすぎたあの時間、何枚写真を撮ったことか。。)

そのハッピームードの余韻に浸っていた翌日の夜、突如長女が嘔吐開始。しかもですよ、全然苦しそうな様子もなく。むしろにっこり笑いながらまるでマーライオンのようにリビングの至る所で。

そして次の日の夜、いつも通り長女と2人のワンオペバスタイム中にわたしも急にパワーダウン。(ほんと、ついさっきまで元気だったよ?)一気に40℃近くまで熱が上がり、尋常じゃない悪寒&吐き気。急遽ダディに帰宅してもらい、夜間救急で点滴を受ました。

「小さなお子さんがいらっしゃって大変でしょうけど、(この時深夜2時)旦那さんに電話して迎えに来てもらってくださいね。」とベテラン看護師さんに言われるも夫に連絡取れず。死に物狂いでタクシー乗り場まで歩き帰宅すると、まさかのダディーもアウトー!(笑)

今は笑って話せるけど、当時は本当に笑えなかった。。
いやもうね、高熱状態で1歳児の相手しながら吐き気も止まらないもんで、おむつ替えで下向くと「ん、ん、ちょいまちー!ううう。」って感じなんですよ。幸い、住んでいた家から徒歩1分のところにかかりつけの内科があったので、裏口から通してもらい夫婦で交代で点滴。今思い返しても、産後最も辛い数日間だったな。しかもその後4日くらい夫婦ともにお粥しか食せないほどに弱りました。(笑)

この事件をきっかけに我が家が学んだこと。

  1. ノロウイルスはアルコールでは消毒できない。
    ( 次亜塩素酸ナトリウムや消毒用エタノール で2、3回の消毒が必要)
  2. 吐物の処理中に感染する可能性が非常に高い。
    ( 使い捨ての手袋、マスク、キッチンペーパー、ポリ袋は必ず常備)
  3. なんでも口に入れる年齢でのボールプールはめちゃ危険。(笑)
  4. 核家族生活は怖い。(今も継続中だけど。笑)
  5. 普段から免疫力UPを心がけるべし。

結局、その効果はいかほど?

ノロウイルスによる襲撃を受けた我が家は、うちの母の勧めもあってR1の宅配を始めることに。(品切れになりやすい冬の時期も、滞りなく配達していただけます。)

結論から言うと、R1とても効果ある!

現在4歳半の娘、3年半毎朝飲ませ続けた結果、ものすごく頑丈に育ってます。
インフルエンザ経験ゼロ、嘔吐下痢経験ゼロ、3年半で保育園を休んだ日数は数えられる程。あの大惨事以来、もちろんノロにもかかっていません。

絶対に風邪をひかないわけではないです。軽い鼻かぜとかはひきますが、長引くことはないですね。

1番驚いたのは、インフルエンザと嘔吐下痢が保育園で大流行した時のこと。最後登園しているのがクラスの3人だけになっても、娘はピンピンしていました。(笑)ちなみに、ヨーグルトは夜に摂取する方が効果が期待できるそうですが、うちの子は朝派。

毎日飲んでも飽きない味、量も少ないので1歳過ぎの子どもでも問題なく毎日飲むことが出来ました。むしろ娘は小食&食に無関心の割にR1は大好きで、グビグビ一気飲み。あの言葉がつたない時期に「ヨーグルトくだちゃい。」って言わせるの好きだった。(笑)

ちなみに、現在1歳の次女は絶賛指しゃぶり中。いかなる時も左手の2本指が離せないのであります。色んな場所を触っては、その指をちゅぱちゅぱ。。
病気をもらってくるリスクは指しゃぶりをしなかった長女よりも高そうだな―。

コストはどのくらいかかるの?

https://www.meiji.co.jp/products/fermentmilk/1114486.html

絶対に体調を崩したくない大事な時。そんな時にだけ摂取すれば良いわけではありません。毎日継続して摂取することで初めて、免疫力がUPが実感できる。
そんなことはわかっているけど、じゃあ気になるコストはどうなのか?

我が家はあのノロ再来を恐れるがあまり家族3人で3年半、毎日飲み続けました。計算するのも恐ろしい金額だけど、この機会に計算してみよう。

<1年間、1人分>

130(円)×365(日)×1.08(税)
=51,246円

ふむふむ、なかなかの金額。

<1年間、3人分>
130(円)×365(日)×3(本)×1.08(税)
=153,738円

おっと?すごいな、これ。この金額って、3年半経つと中古の軽自動車買えるんじゃないか?そしてここで更に、保育園に通うことになった1歳の次女が飲み始めるとすると、年間20万円超えるわけね。

ちょっと、一旦止まって考えようか。(笑)

効果は申し分ないR1。我が家が利用している宅配は1本130円、わたしはどんなに安いスーパーでも100円を切ったところは見たことがない。(もっと安いところあるのかな?)

もちろん家計に余裕のあるご家庭は、ケチらず宅配が断然おススメ。どんな時期でも安定した供給がありますゆえ。
我が家はこの金額を改めて把握した以上、一旦考えることに。あれだけお世話になってきたくせに。(笑)明治の宅配担当さんが良い人で、お断りするのがほんとーに辛かった。。

考えた結果、今更ですがヨーグルトメーカーを購入。
アイリスオーヤマの製品が有名ですが、我が家はビタントニオをチョイス!(あ、デザインを重視しただけです。笑)


 

こちらR1たったの1本で、牛乳1ℓ分のヨーグルトがほっとくだけで作れる優れもの。手間がかかって続けられなければ意味がないので、料理ズボラのわたしに向くかどうかが購入の決め手。

この2か月はこのヨーグルトメーカーで手作りR1を、3日に1回作っています。(作るというか、混ぜてスイッチ入れるだけ。)出来立てのヨーグルトを確認するとき、毎回テンション上がってダディに教えてあげるのは、このわたし。(笑)
味はですね、まろやかでとっても美味しい!

※ただし、明治さんのサイトでは「 プロビオヨーグルトR-1を種菌にしてヨーグルトを作ることはできます。 (中略)一般家庭ではこの商品と同等量のEPS(多糖体)を作り出すことができないと考えられます。 」と明記されています。

つまり、確かにヨーグルトはできるけど、そのヨーグルトには市販のR1と同じ効果は期待できないよ、ということ。これを理解した上で始めたヨーグルト作り。今年はこのまま継続してみて、本家R1とお手製R1の効果を比較してみたいと思います。

ヨーグルトメーカーの詳細は、また後日まとめますね。よろしければ、お付き合いください。

まとめ

3年半、毎日欠かすことなく飲み続けた結果、我が家ではR1の効果をしっかり感じることができました。免疫力UPのためには継続した摂取が不可欠。
やはり一番の問題は何と言っても、そのコスト。続けられるかどうかは家計との相談になりそう。

このカテゴリーの新着記事

  1. October 14 21
  1. 楽天ヘビーユーザーが、あえてA...
  1. 田舎へ移住してから、楽天ヘビーユーザーになった我が家。基本的に食品と衣類以外は全て楽天にお世話になっ…
  1. October 12 21
  1. アウトドア、たしなむ程度ならナ...
  1. 九州の人なら絶対に知っているホームセンター「ナフコ」!九州以外に店舗が少ないのであまり知られてはいま…
  1. October 11 21
  1. 100円じゃない!のにオススメ...
  1. ここ数年、以前にも増して止まらないダイソーの価格破壊!☆もちろん100円商品もお得だけど、ダイソーは…